青少年更正に実績をあげる名瀬「ゆずりはの郷」の活躍【奄美大島】

NPO法人奄美青少年支援センター「ゆずり葉の郷」
1983年に三浦一広士は独自の合気拳法をもとに「奄美合気拳法連盟」を結成したが、1988年ごろから、消防士としての三浦氏がシンナー耽溺の青少年の補導にのりだしてから、本連盟は武道更正教育の役割を大きく担うことになり、2001年にNPO法人「奄美青少年支援センター・ゆずり葉の郷」が発足した。必要な場合には即座に現場に駆けつけて、彼らの本音を聴き、「すべての子にチャンスを」を、キャッチフレイズに、「許す・認める・慰める・励ます」ことを実行して、「君は必要な人間なのだ」「君は君だけにしかできない人生がきっとある」ことを自覚させ、生きる意欲を目覚めさせて次代の若者を育てている。


所長:三浦 一広


【連絡先】
[住所]:〒894-0036 鹿児島県奄美市名瀬長浜町23-25
[電話]:0997-56-8202(090-4340-0296)
[ファックス]:0997-56-8202
[e−メール]:
[ホームページ]: