幼老共生推進プロジェクト【福岡】

なんども子供キャンプに中国の辺境に行っている精神科医の碇博士は、新彊ウイグル自治地区では白髯をたくわえ、哲学者のように威厳のある顔をした老人が鞭を当てて走るロバ車の荷台に、必ずといっていいほどに、少年・少女をチョコンと乗せ、砂漠の道を行くのを見て感動する。日本の我々は「人生最早期の養育環境はたった一人の母性に委ねられている」という前提に固執しているのは荒唐無稽という。地域社会で幼い子供たちと高齢者が出会い、互いに豊かな関係がもてるような生活を求めて「交齢社会(Inter-Generational Community)」の暮らし方を提唱する。
代表:碇 浩一


【連絡先】
[住所]:〒812-0013 福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル 2階
[電話]:092-481-6161
[ファックス]:092-481-3909
[e−メール]:yourou00@elf.coara.or.jp
[ホームページ]: