新しい教育システムを作ろう!−コミュニティ・スクールの設立に向けて【東京】

都心にあるオルタナティブ・スクールで生徒の大部分は引きこもり、不登校経験者。「楽しくなければ学校じゃない」をモットーに14年間やってきた。学校は偏差値を高くするための学習の場ではない。想像力、洞察力、思いやりの心、包容力など感性を育む場にするために課外活動、体験活動、海外への修学旅行でのホームステイ等を試みている。「ラオスに学校をつくろう」のボランティア運動は子どもの学ぶモティベーションの質を高めるのに役立っているようだ。諸外国の民間の伝統・慣習を学ぶにつけ、生活の中に溶け込んだコミュニティースクールの具体化が焦眉の急である。

代表:荒井 裕司
東京国際学園高等部


【連絡先】
[住所]:〒151-53 東京都渋谷区代々木1-43-8
[電話]:03-3370-0718
[ファックス]:
[e−メール]:
[ホームページ]: