第3章 役 員

第6条〔役員〕
本会に次の役員を置く。
(1) 最高顧問 1名を置くことができるものとし、理事の中から会長の推薦により理事会で承認する。 
(2) 名誉会長 会長経験者の中から会長の推薦により理事会で承認する。
(3) 会 長    1名とし、理事の中から互選により選出する。
(4) 副会長   3名以内とし、理事の中から互選により選出する。
(5) 理事長   1名とし、理事の中から互選により選出する。
(6) 常任理事 若干名とし、理事の中から互選により選出する。
(7) 理 事   若干名とし、総会において正会員の中から互選により選出する。
(8) 監 事   2名とし、正会員の中から会長の推薦により理事会で承認する。理事は監事を兼任できない。
(9) 顧 問   若干名を置くことができるものとし、正会員の中から会長の推薦により理事会で承認する。

第7条〔役員の職務〕
本会の各役員は次の職務を行う。
(1) 最高顧問は、会長の諮問に応じるほか、理事会に出席し議決に参加する。
(2) 名誉会長は、会長の諮問に応じるほか、役員会に出席し議決に参加する。
(3) 会長は、本会を代表し、会務を統括する。
(4) 副会長は、会長を補佐し、必要に応じて会長の職務を代行する。
(5) 理事長は、理事会を統括する。
(6) 常任理事は、会務を執行する。
(7) 理事は、理事会を組織し、会務について審議・決定する。
(8) 監事は、本会の会計を監査するほか、会務全般について意見を述べる。
(9) 顧問は、会長の諮問に応じて意見を述べる。

第8条〔役員の任期〕
1.役員の任期は、選任された総会又は理事会より、2年後の総会又は理事会までの期間とし、再任を妨げない。
2.任期途中に前任者に代わって就任した役員の任期は、前任者の残余期間とする。