第2章 会 員

第4条〔会員〕
1.本会の会員は、正会員、団体会員、学生会員及び賛助会員とし、別に会友を設ける。
(1) 正会員は、本会の趣旨に賛同し、所定の年会費を納入した個人とする。
(2) 団体会員は、本会の趣旨に賛同し、所定の年会費を納入した保育施設、学校、教育関係団体及び一般企業等とする。
(3) 学生会員は、本会の趣旨に賛同し、所定の年会費を納入した大学生、大学院学生とする。
(4) 賛助会員は、本会の趣旨に賛同し、所定の年会費を納入した一般企業、団体とする。
(5) 本会の趣旨に賛同し、本会の事業の推進に貢献した個人、企業、団体を会友とする。
2.会員になることを希望する者は、所定の申込書を提出し、常任理事会の承認を受けるものとする。
3.団体会員の代表者は、正会員とみなす。ただし、正会員とみなされる代表者は、各団体会員につき1名とする。
4.常任理事会は、審議して会友に値する者を決定し、該当者に通知する。
5.会員及び会友は、第3条(3)で定める「会報」の配布を受けるものとする。
6.年会費10年分以上を一括納入した正会員は、永久会員とし、その後の会費は納入不要とする。

第5条〔会員資格の喪失〕
1.会員は、事務局への本人の申し出により任意に退会できる。ただし、既納の会費は返還しない。
2.2年間に亘って会費を納入せず、督促にも応じない会員は退会とする。
3.会員が本会の名誉を傷つけ、又は著しく本会の目的に反する行為があったときは、理事会の決議により除名する。
4.会員が死亡したとき、又は企業、団体等が解散したときは、退会とする。